地下鉄東西線円山公園駅、西18丁目より徒歩6分 

頭痛、めまい、アトピー、不妊、自律神経トラブル

ゴッドクリーナー、ヨガクラス

011-213-8332

三叉神経痛の症例

60代女性

 

・右下の歯と歯茎周辺に3ヶ月前から激痛が走るようになる(右の第3枝領域)

・痛みで食事もろくにとれず、会話をするのも痛くて人と話すのが嫌になる

・歯医者で問題がなく口腔外科に回され検査をしたが歯周辺には異常が無かった

・「もう一生このままになってしまうのではないか」、と不安になり当院に来院

 

検査

・長年の変形性股関節症による全身バランスの崩れ

・首の過緊張

施術

三叉神経痛の痛みの原因は?

 

・自律神経 → 交感神経優位状態

      → その原因は職場のストレス

・負のエネルギー除去

 

三叉神経に影響を与えているものは他にもある? 

 

ある → 三叉神経節にウイルス

 

その他にも整えると良いポイントはある?

 

ある → リーキーガット症候群

   → 腸内カンジダ、黄色ブドウ球菌

   → カンジダ・ダイオフ

   → 水銀、アセトアルデヒド、肝臓代謝産物

 

以上のような調整を週1で1ヶ月行ったところ

痛みのレベルが10 → 2 まで軽減

 

さらに10日~2週間ペースで継続していくと、痛みはほとんど無くなりました。

 

改善のポイント

今回のポイントは、交感神経優位状態による免疫力の低下でした。

 

ストレス → 交感神経優位状態 → 免疫力の低下 → 常在の菌やウイルスの活性化

が三叉神経痛に影響しておりました。

腸内細菌のバランスの崩れによるリーキーガット症候群も免疫低下を起こさせていました。

→ 「 リーキーガット症候群についてはこちら 」

 

札幌市で三叉神経痛でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

 

※結果には個人差があります。

※自律神経整体は医療ではありません。

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です。
※まずは医師にご相談ください。
※自律神経整体は身体のバランスを整えるものです。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

友だち追加

当院は完全予約制となっております。
必ずお電話かメールご予約後にご来院して下さい。

011-213-8332